革手袋とは?

革手袋とは?

一般的に革手袋と聞くと、防寒具を想像される方が多いのではないかと思います。しかし、作業用の革手袋は、職人さんが作業をしやすいように作られている手袋のことになります。もちろん職人さんが携わる仕事も様々ですので、中には特殊な加工がされている革手袋もあります。

手を使って行う作業が多いですので、作業中に手をけがされる職人さんがたくさんいらっしゃいます。革手袋を着用していれば防げるような怪我もたくさんありますが、逆に革手袋をしていなかったために手にたくさんの小さな傷を作ってしまうケースが多いです。もちろん作業の内容によって異なりますが、革手袋を利用することによって安全に作業が進められるのであれば、やはり着用をすべきなのではないかと思います。

革手袋には様々な素材や色、タイプなどが存在します。とりあえず手を保護できればどんな革手袋でも良いのであれば、デザインや色などで選ぶのもよいのではないかと思います。しかし、ある作業用に特殊な加工をしているような革手袋がよいのであれば、購入時にしっかりと選ぶべきでしょう。パッと見ただけでは加工の方法などがわからないと思いますので、しっかりと特徴を理解してから買いましょう。

↑ PAGE TOP