革手袋を利用する場面

革手袋を利用する場面

防寒具として利用されることの多い手袋ですが、職人さんの作業中に利用できる場面も多いのではないかと思います。もちろん寒さの厳しい季節であれば、手を寒さや風から守るために利用することができるのではないでしょうか?しかし職人さんの場合は、手を使った作業をしている最中に手を守るために利用することになります。

例えば、大きな木などを持つ際に革手袋をはめていなければ、木の繊維が指や手に入り込んで痛い思いをすることが多いのではないかと思います。しかし作業中に革手袋をしていれば、手を守ることができます。土木関係の業種の他にも、溶接やプレス、重機運転や運送業などにも利用することができますし、一般的な日曜大工や家庭菜園などにも使うことができるのではないでしょうか?

中には、革手袋の着用が義務付けられているような現場もあるのではないかと思います。たとえ義務付けられていなかったとしても、手を怪我する、手が傷つく恐れのある作業をする可能性がある場合は、革手袋を着用するようにしましょう。怪我をしてからでは遅いですので、保険の意味も込めて1つは持っておいたほうがよいのではないかと思います。

↑ PAGE TOP